header image

サイトメニュー

IR推進法(カジノ法)が起こす長所と短所

2016年12月末、IR整備推進法(カジノ法)が成立されました。このカジノ法の目的は日本の『観光立国』化にあり、それによって日本経済の持続的な成長を可能にすることにあります。しかしカジノへの抵抗感は強く、ギャンブル依存症患者の増加や治安の悪化に対する懸念が主な要因となっています。

日本には、現在一般的な社会生活の範囲で行える賭博は競馬、競艇、オートレスのほか、宝くじやTOTO、パチンコ、パチスロ、麻雀などです。インターネットの普及によりオンラインカジノも多くの日本人がプレーしています。日本全国でパチンコ、スロットは全国に1万2000。ギャンブルの機器の台数では、世界720万台の3分の2が日本に集中しています。日本のギャンブル依存は推定で人口比約5%といわれています。 IR推進法案が成立したとはいえ、具体的な計画と法整備は今後の大きな課題です。政府の思惑通り、来日観光客や国内消費が増え、大きな経済効果が得られるのか、それともギャンブル依存症患者の増加と治安の悪化をもたらすのか。いずれにせよ日本の観光に影響を与えるのは必至です。

スポンサー

最近の記事

宝くじとスポーツ振興くじ

日本には公営くじとして宝くじとスポーツ振興くじがあります. 宝くじにはロトやスクラッチも含まれます. スポーツ振興くじはトトという名称でよく知られています. 公営くじには収益金を公共事業に使うという目的があり, 宝くじ売り場, toto売り場など簡単に購入できます.

詳しい話

最高の物語

遊技 パチンコとパチスロ

海外のようにカジノが一般的でない日本ですが, 日本にはパチンコ屋があります. パチンコ屋ではパチンコとパチスロが楽しめます. パチンコとパチスロはプレー方法が若干異なり, パチスロはパチンコに比べプレーヤーの腕次第とも言われています.

詳しい話

トップストーリー

公営競技と携帯ギャンブル

世界的に携帯ギャンブルのマーケットが拡大しています. 日本で合法的に利用できる携帯ギャンブルとして公営競技の投票券購入があります. 競馬, 競艇, 競輪, オートレースのそれぞれが, パソコンだけでなく携帯電話による投票を受け付けています.

詳しい話

スポンサー

  ©  www.tigerslover.com. 無断複写·転載を禁じます. サイトマップ